片山氏には大島幹事長が伝える 参院公認見送り(産経新聞)

 自民党の大島理森幹事長が29日午前、夏の参院選比例代表の公認を求めていた片山虎之助元総務相(74)と会談し、党の内規である参院比例代表の「70歳定年制」を厳格に適用することを理由に公認しないことを正式に伝えた。片山氏は「すべてに納得しているわけではないが、党として決めたことを理解する」とこたえた。

 片山氏はその後、記者団に対し、岡山選挙区から出馬する可能性などについて、地元の支持者を相談して決める考えを示した。

 片山氏は平成19年の参院選で岡山選挙区から出馬したが落選した。夏の参院選では、参院幹事長などを務めたことを理由に「特例」で比例代表に公認するよう執行部に求めていた。

【関連記事】
山崎拓氏らに参院公認見送り正式通知
自民、片山氏も公認見送り 参院選へ若返りアピール
亀井氏「グズ拓は相手にしない」 山崎自民元副総裁の国民新党入りで
亀井節炸裂「うるさいから言った」 予算委紛糾について
「ブログ市長を監視」団体、初会合に市議15人参加

「いじめられて悔しい」=民主・輿石氏(時事通信)
<国歌斉唱・不起立>教職員の氏名収集を継続…神奈川県教委(毎日新聞)
<新聞労連ジャーナリスト大賞>毎日新聞記者らに表彰状(毎日新聞)
「現場任せ」が遠因=高松塚壁画劣化で報告書案−文化庁検討会(時事通信)
未成年者の喫煙事情 甘い社会的規制を危ぶむ声も (産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます